北海道の宿に泊まろう!4つエリアの特徴を紹介

北海道最大都市の札幌タウン

1年を通じて大勢の観光客でにぎわう札幌。札幌には数多くの宿泊施設が営業しています。特に札幌駅から大通公園にかけては、有名な大型ホテルが数多く集まっています。これらの宿泊施設では、シングルが1万数千円程度、ダブルで3万円程度するところが多いです。1泊5,000円程度で泊まれるビジネスホテルは、すすきのエリアに周辺に集中しています。

北海道第2の都市である旭川とその周辺

北海道のほぼ中心に位置している旭川は、半径150km以内に札幌や富良野、層雲峡など、北海道を代表する観光スポットがあります。そのため、旭川で宿泊する人も少なくありません。旭川市内に多いのは、設備が充実したシティホテルです。1泊1万円前後のホテルが、旭川駅周辺などに集まっています。もちろん、手頃な値段のビジネスホテルも存在します。車で1時間程の場所には、北海道の最高峰である旭岳の麓に湧く旭岳温泉や、忠別川の渓谷に位置する天人峡温泉があり、温泉と料理が自慢の宿泊施設が集まっています。

十勝エリアの拠点である帯広

帯広駅周辺には、ビジネスにも観光にも便利なシティホテルが集まっています。モール温泉があるシティホテルも存在することも、帯広ならではの特徴です。帯広駅から車で15分程の場所には十勝川温泉があり、いくつもの湯船を備えた温泉自慢の宿泊施設が並んでいます。

美瑛と富良野エリアの宿

このエリアの宿泊施設は、主に富良野駅と美瑛駅の周辺に集まっています。またの郊外には、ロケーションが自慢であるペンションや大型リゾートホテルが点在しています。特にラベンダーの時期は混み合うので、早めの予約がおすすめです。

アドドドヴェンチャーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です